EandCNavi

GIS-Geographic Information Systemとは?

このWebサイトは、環境保全活動に携わるNPO、行政、教育機関の方などを広く対象にして、個々の活動に有用なGIS情報を提供することを目的に、「コンサベーションGISコンソーシアムジャパン」メンバーが中心となって作成しました。
当初はGISデータの提供が中心となりますが、今後はGISの使用方法やGIS利活用分野の紹介、各種告知などを行っていきながら、総合的な情報交換サイトにしていこうと考えています。
なおこのプロジェクトの一部は平成23年度の地球環境基金の助成を受けて実施しました。

<お知らせ> 
SCGIS GIS研修制度の情報をお知らせページに記載しました。
流域界データは現在データ修正を行っております。その情報はGISデータ更新情報でお知らせします。

GISデータ利用上の注意(必ずお読みください)

  • 実際の活動はコンサベーションGISコンソーシアムジャパンのメンバーが中心となって、ボランティア的に行っているものです。GISデータの作成や編集には十分注意を払っていますが、誤りが含まれることがあります。
    本ホームページ掲載のデータ利用により生じた損害について、コンサベーションGISコンソーシアムジャパンでは事由の如何を問わず一切責任を負いかねますので、使用に当たっては十分ご留意下さい。また、掲載されている情報、ファイル名等は、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください 。
  • GISデータのダウンロードには、IDとパスワードが必要となります。gis@env.gr.jp(@は全角文字です、半角文字に直してお送りください)までメールをいただければ、折り返しご連絡いたします。なおその際、簡単で結構ですので、以下の情報についてご記載をお願いします。頂いた情報につきましては、本ホームページでの提供内容の検討にのみ使用し、その他の目的には使用致しません。
    ・御利用者様の氏名、所属
    ・利用希望データ(ホームページで提供しているデータ 例:行政界、流域界、植生図等)
    ・利用形態(私的利用、研究利用、商用利用等)
    ・利用分野(環境保全、都市計画などキーワードでお答えください)
    ・利用目的(利用分野より可能な範囲で細かくお書きください)
    ・利用方法(GISで使用ということだけでなく、どういう処理をするか、の意味です)
    ・専門分野もしくは業務分野
    ・使用されているGISソフトウェア、バージョン等
    ・提供データ以外であると望ましいと考えるデータ
  • 本ホームページのGISデータを含むコンテンツは、コンサベーションGISコンソーシアムジャパンのほか、その作成・調査元に著作権が存在します。利用に当たっては、下記「データの出典」をよくお読みの上十分ご注意下さい。
  • 研究や学習などの私的利用を除いた、GISデータの二次利用を予定されている場合には、その方法や分量によって、再度国土地理院や環境省に対して利用者様各自において利用申請を行っていただく必要がある場合がございます。予め御承知おき下さい。例えば、以下のような場合です。
    ・GISデータを相当量インターネットや書籍、委員会資料などで提供する。
    ・GISデータをインターネット、イントラネットなどのシステムへ組み込み、利用もしくは提供する。
  • 本ホームページのデータを使用し、公開される場合は、本ページ下の「データの出典」に記載のある文言の明記ならびに「コンサベーションGISコンソーシアムジャパン ホームページ(http://cgisj.jp)のデータを使用しました。」の文言を明記下さい。
  • 基盤地図情報数値標高モデルから作成した標高、傾斜、地上開度、地下開度ならびに同5mのデータは東日本大震災前のデータを元にしており、震災によって生じた地殻変動の修正は行っておりません。予め御承知おき下さい。
  • データの内容やGISの操作、解析手法などについてご質問、ご要望などございましたら、gis@env.gr.jpまでお気軽にお問い合わせ下さい。

コンサベーションGISコンソーシアムジャパンの活動へのご理解、ご協力をお願いします

  • ホームページの内容、データに関するご質問、リクエストなどは大歓迎です。ただし基本的にボランタリーな作業のため、全てのリクエストについてのタイムリーな対応は難しいですが、可能な限り反映させていきたいと思います。今後も我々の活動へのご理解、ご支援を賜れば幸いです。
  • 上記のご質問のほか、GISの導入・操作、データ作成、データ解析手法など利用に関するご質問、関連する作業のご依頼もお受けしております。併せてご相談下さい。(※但し有償の場合があります。)
  • このホームページで掲載されているGISデータを使用してみたいが、どんな利用ができるのか知ったうえで使用してみたいという利用者様もいらっしゃるのではないかと考えております。そのような方々へのPRのため、利用事例について、当ホームページの「利用者の方々」として掲載することにご賛同頂ける方をあわせて募集しております。その情報は「関連リンク」のページへの記載を予定しています。趣旨にご賛同頂ける方は、問い合わせメール(宛先:gis@env.gr.jp)の送信時に合わせてお知らせ頂ければと思います。

GISコンソーシアムについて

GISデータダウンロード

地球環境基金

ESRIジャパン

データの出典

データは下記に示す機関の著作物を元に作成したものですが、外部公開時の資料などに使用する際には必ず下記出典を明記して下さい。但し、個人もしくは社内利用等に限定される場合は不要です。
  • 行政界、道路(面)データの作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を複製しました。(承認番号 平24情複、第93号)
  • 標高、地上開度、地下開度、傾斜データの作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報数値標高モデルデータを使用しました。(承認番号 平24情使、第109号)
  • 標高5m、地上開度5m、地下開度5m、傾斜5mデータの作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報数値標高モデルデータを使用しました。(承認番号 平25情使、第87号)
  • 行政界2019年版、道路(線)、鉄道、海岸線、河川、湖沼、流域界データの作成に当たっては、国土数値情報(国土交通省)の行政区域、道路(線)、鉄道(線)、海岸線(線)、河川(線)、湖沼(面)、流域界・非集水域(面)データを使用しました。
  • 行政界2019年版データの作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図(国土基本情報)電子国土基本図(地図情報)を使用しました。(承認番号 令元情使、 第277号)
  • 植生データの作成に当たっては、環境省生物多様性センターから提供されている「第2-5回植生調査重ね合わせ植生データ」を使用しました。
  • 道路中心線データの作成に当たっては、地理院タイル(ベクトルタイル提供実験の道路中心線データ)を加工して使用しました。
  • AW3D30解析地形データの作成に当たっては、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から提供されているALOS全球数値地表モデル (DSM) 「ALOS World 3D - 30m (AW3D30)」を加工して使用しました。

行政界、道路(面)データは2012年1月18日時点で掲載されていたデータ、標高、傾斜、地上開度、地下開度データは2011年9月30日時点で掲載されていたデータを編集加工して使用しています。
国土数値情報の行政区域を除くデータ、植生図データについては、2012年5月31日時点で掲載されているデータと同一です。行政区域のみ平成31(2019)年1月1日時点のデータを使用しています。以降にあった変更は必要に応じ、今後対応いたします。
道路中心線データは提供実験中(2017年8月3日提供開始)のデータであり、基本測量成果ではありません。刊行された平成18年以降の更新は予定されていないので、利用の際はご注意ください。