海岸線

データの内容

国土数値情報の海岸線(線)データから作成した、全国及び都道府県別の海岸線ラインデータです。海に面していない県についてのデータはありません。

全国版データは、都道府県別データを編集して作成しています。

元データの属性に加え、所轄官庁、海岸保全区域・海岸管理者、海岸保全区域・海岸管理者名、河口などコード化されている属性は実際の文字情報を付加しています。

 

ファイル名の例 zipファイル名:HokkaidoCoastLine.zip、シェープファイル名:海岸線01北海道.shp等

ファイルフォーマット シェープファイル形式(拡張子prjで示される座標系ファイルを含む)

座標系(投影法と測地基準) 緯度経度、世界測地系(JGD2000)

追加ファイル GISデータ以外に、国土数値情報ダウンロードデータに含まれるメタデータ(拡張子xml)を含む

 

データベースフィールドの定義は以下のとおりです。shapeファイルのフォーマット規則でデータベースには最低1つのフィールドが必要となるために、追加したフィールドです。

団体CD以下は、行政界データのフィールドを踏襲しています。

 

フィールド名

データタイプ

フィールドの長さ

説明

C23_001

Text

5

行政区域コード、オリジナルデータと同一

C23_002

Text

1

所管官庁コード、オリジナルデータと同一

C23_003

Text

4

海岸保全区域番号、オリジナルデータと同一

C23_004

Text

26

海岸保全区域・海岸名、オリジナルデータと同一

C23_005

Text

1

海岸保全区域・海岸管理者コード、オリジナルデータと同一

C23_006

Text

10

海岸保全区域・海岸管理者名、オリジナルデータと同一

C23_007

Text

5

河口区分コード、オリジナルデータと同一

所管官庁

Text

50

所管官庁コードを利用して付加した所管官庁名

海岸保全NO

Long Integer

4

オリジナルデータに含まれる海岸保全区域番号(フィールドC23_003)をTextからLong Integerに変換したデータ

管理者区分

Text

12

海岸保全区域・海岸管理者コードを利用して付加した海岸保全区域・海岸管理者区分名

河口区分

Text

6

河口区分コードを利用して付加した河口区分

団体CD

Text

5

行政区画(市区町村)に対応する全国地方公共団体コード

団体名

Text

50

行政区画(市区町村)に対応する全国地方公共団体名

都道府県CD

Text

2

地方公共団体コードの初めの2文字を抽出し作成

都道府県名

Text

8

地方公共団体コードの後ろの3文字を抽出し作成

都道府県NO

Long Integer

4

都道府県コードを数値化したもので初めの1文字が0の場合それが略される(注)

(注)この命名は一般的なものではありません。GISでは属性によって色分け表示をしたり、式で属性検索をしたりする場合が多く、文字列としてデータを扱うには数式を作るのにあたって不便が多いため、このような形にしてあります。

 

(参考ホームページ)
国土数値情報ダウンロードサービスhttp://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-C23.html
財団法人地方自治情報センター地方公共団体コード住所https://www.lasdec.or.jp/cms/1,0,14.html