道路中心線2020

データの内容

  • 「地理院地図Vector(仮称)提供実験」として2020/3/19より提供が開始された数値地図(国土基本情報)の地図情報等のデータのうち、道路中心線データ(zoom level=16, source-layer=road, ftCode=2700番台)を都道府県別に抜き出したものです。
  • ファイルフォーマットはシェープファイル形式(文字コードはUTF-8)と、OGC(Open Geospatial Consortium)で仕様が制定されたGeoPackage形式としています。GeoPackage形式はQGISのほか、ArcGIS(注)でも読み取り専用で開くことが可能です。
  • GeoPackage形式を加えた理由とシェープファイル形式の文字コードをUTF-8にした理由についてはよくあるご質問をご覧ください。
  • (注)ArcGISでは10.2.2以降で対応しています。
  • ソフトウェアによって同じデータでも属性の呼称(文字型の呼称、数値型のバイト数など)は異なることがあり、固有の情報(例えば、GeoPackageの図形情報であるgeom)の扱いも異なることがありますが、属性の内容自体は同じです。
  • データの範囲は各地域の行政界ポリゴンを囲む長方形(「Envelope」ということもあります)から外側5kmのバッファーを含むズームレベル16のタイルとなっています。隣接する他の都道府県もデータに含まれることがあります。
  • データはfidとgeomを除く全てのフィールドを使用してディゾルブ処理を行って結合し、さらに出来上がったマルチパートのデータをシングルパートのラインとして提供しています。
  • オリジナルデータでは、全く同一の属性を持つデータでもタイルごとに分割されていると、別データになるため、ディゾルブ処理でそれらを結合することで、属性をまとめ、ファイルのサイズを減らすことが可能です。道路中心線はマルチパートで提供していましたが、同じ属性であると距離が離れていても1つのデータとしてまとめられてしまうため、多少のファイルサイズの増加を犠牲にしても、わかりやすさを重視してこのデータではシングルパートにすることとしました。
  • ただし道路が結合しているように見えていても、わずかにずれているだけで別の道路になるのでご注意ください。

ファイルフォーマット

  • OGC GeoPackage形式(拡張子gpkg)及びシェープファイル形式(拡張子prjで示される座標系ファイル、拡張子CPGで示される文字コードファイルを含む)

座標系(投影法と測地基準)

  • 緯度経度、世界測地系(WGS84)

データ利用時の注意事項

  • このデータは「地理院地図Vector(仮称)提供実験」(国土地理院)(https://github.com/gsi-cyberjapan/gsimaps-vector-experiment)をもとに「コンサベーションGISコンソーシアムジャパン」が作成しました。
  • データは、国土地理院コンテンツ利用規約(http://www.gsi.go.jp/kikakuchousei/kikakuchousei40182.html)に従って利用できます。
  • データは2020/1/1時点のデータです。最新の状況と異なる場合があります。提供実験中のデータであり、今後の変更の可能性がありますのでご注意下さい。
  • このホームページでは2020/7/6現在、一部の都道府県のデータ提供(北海道は総合振興局・振興局単位)となっています。今後国土地理院で提供されるデータの状況にあわせ、こちらのデータ形式や提供方法も予告せず変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。
  • データ提供実験の趣旨を十分ご理解の上でご利用くださいますようお願いします。データの利用により生じた損失及び損害等について、国土地理院及びコンサベーションGISコンソーシアムはいかなる責任も負いませんのでご注意ください。
  • 使用時の出典表示の例 「地理院地図Vector(仮称)提供実験」(国土地理院)(https://github.com/gsi-cyberjapan/gsimaps-vector-experiment)をもとに「コンサベーションGISコンソーシアムジャパン」(http://cgisj.jp)が作成したデータを使用。

ファイル名の例

  • データ提供は、シェープファイル形式、GeoPackage形式を圧縮して同梱した、7-Zip(拡張子7z)という圧縮形式で行っています。7-Zipは大きなファイルの圧縮に適し、Zipより圧縮率が高いという特徴があります。解凍にはオープンソースソフトウェアの7-Zipが必要です。入手並びに使用方法は次のサイトをご覧ください。圧縮・解凍ソフト 7-Zip
  • 7-Zip圧縮ファイル名:KanagawaRoadCenter2020.7z、同梱されているGeoPackageファイル:RoadCenter2020_14Kanagawa.gpkg、シェープファイル:道路中心線2020_14神奈川県.shp等

データベースフィールドの定義

  • GeoPackage形式データのデータベースフィールドの定義は以下のとおりです。網掛け部分は、オリジナルデータと同じフィールドです。
  • データの型はオリジナルとは異なる場合があります。シェープファイル形式のデータにも同様のフィールド(geomフィールド以外すべて)が含まれます。
  • コードの内容は、
  • 「地物コード及び表示ズームレベル一覧」https://github.com/gsi-cyberjapan/gsimaps-vector-experimentl
  • 「地物等の属性一覧」https://maps.gsi.go.jp/help/pdf/vector/attribute.pdf
  • もあわせてご覧ください。
  • フィールド名

    データタイプ*1

    フィールドの長さ

    説明*2

    fid

    INTEGER

    *3

    図形を一意に指す数値で連番。データ処理の関係上オリジナルデータと順番は一致しない。

    geom

    MultiLineString/Geometry

    *3

    図形情報。この属性は編集はできない。QGISの属性テーブルでは表示されない。

    orgGILvl

    String/Text

    254

    出典地理情報レベル。属性値は、縮尺の分母で500、1000、2500、5000、10000、25000。

    ftCode

    INTEGER/Long

    *3

    地物種別コード。道路中心線として、zoom level=16、source-layer=roadのftCode2700番台の数値を取り出している。詳細は「地物コード及び表示ズームレベル一覧」のズームレベル14-16(地物)道路カテゴリを参照。https://github.com/gsi-cyberjapan/gsimaps-vector-experimentl

    rdCtg

    INTEGER/Long

    *3

    道路分類。属性値は、0:国道、1:都道府県等、2:市区町村道、3:高速自動車国道等、5:その他、6:不明。

    lvOrder

    INTEGER/Long

    *3

    道路の階層順。

    rnkWidth

    INTEGER/Long

    *3

    幅員区分。属性値は、0:3m未満、1:3m-5.5m未満、2:5.5m-13m未満、3:13m-19.5m未満、4:19.5m以上、5:その他、6:不明。

    tollSect

    INTEGER/Long

    *3

    有料区分。属性値は、0:無料、1:有料、2:暫定無料、9:不明。

    medSect

    INTEGER/Long

    *3

    分離帯区分。属性値は、0:無し、1~98:分離帯幅(m)、99:幅員急変等非表示。

    motorway

    INTEGER/Long

    *3

    自動車専用道路。属性値は、0:高速道路以外、1:高速道路、9:不明。

    Width

    INTEGER/Long

    *3

    道路の実幅員

  • *1 GeoPackage形式の設定/シェープファイル形式の設定。シェープファイル形式ではText型のフィールドサイズは254、INTEGERはLong Integerとなる。
  • *2 実際のデータには属性値として記載されている以外のコードが入っている場合があるので注意が必要。
  • *3 数値型の長さや幅はソフト、OSによって異なり定義が複雑になるため省略。
  • *4 GeoPackage形式のフィールドデータタイプと長さはOGC GeoPackage Encoding Standard: Table 1. GeoPackage Data Types を参照。

参考ホームページ