流域界

データの内容

国土数値情報の流域界・非集水域(面)データから作成した全国及び都道府県別の流域界ポリゴンデータです。

都道府県別データは、全国版データを編集して作成していますが、流域界が複数の都府県にまたがる場合は、いずれの都府県にも流域界を重複して含めています。

元データの属性に加え、管轄地建名などコード化されている属性は実際の文字情報を付加しています。

河川コードや河川名は元の流域界データには含まれていませんが、流域の特徴を示す1つの情報となります。そこで、国土数値情報の河川(線)データを利用して、流域界に対して1つの河川を抽出する処理を実施しました。

 

ファイル名の例 zipファイル名:HokkaidoRyuuiki.zip、シェープファイル名:流域界01北海道.shp等

ファイルフォーマット シェープファイル形式(拡張子prjで示される座標系ファイルを含む)

座標系(投影法と測地基準) 緯度経度、世界測地系(JGD2000)

追加ファイル GISデータ以外に、国土数値情報ダウンロードデータに含まれるメタデータ(拡張子xml)を含む

 

データベースフィールドの定義は以下のとおりです。網掛け部分は、オリジナルデータからデータをそのまま引用したフィールドです。

 

フィールド名

データタイプ

フィールドの長さ

説明

W12_001

Text

1

流域界・非集水域区分コード、オリジナルデータと同一

W12_002

Text

5

水系域コード、オリジナルデータと同一

W12_003

Text

4

単位流域コード、オリジナルデータと同一

管轄地建

Text

20

水系域コードの初めの2桁を抽出して作成した管轄地建コードを利用して付加した管轄地建名

水系域NO

Text

3

水系域コードの後ろの3桁を抽出して作成した水系域番号

河川CD

Text

10

国土数値情報の河川(線)データとの位置関係をGIS解析して付加した河川コード

河川名

Text

50

国土数値情報の河川(線)データとの位置関係をGIS解析して付加した河川名

水系域名

Text

50

GIS解析によって定めた河川コードの初めの6桁を抽出して作成した水系域コードを利用して作成した水系域名

水系域NO河

Text

6

GIS解析によって定めた河川コードの初めの6桁を抽出して作成した水系域コード。水系域NOとはデータソースも定義も異なる

都道府県CD

Text

2

全国版データについて行政界データとの位置関係をGIS解析して付加した都道府県コード。複数都府県に含まれる流域については、より都道府県コードの小さいものに割り当てています

都道府県名

Text

8

上記都道府県コードを、都道府県名に変換したもの

都道府県NO

Long Integer

9

上記都道府県コードを、都道府県番号に変換したもの

備考

Text

50

流域界と河川データの解析処理の結果について示しています。(注)

(注)以下に、備考フィールドの記載事項を全て列挙します。

全河川名が名称不明、名称不明を除く最長の河川名を付加、最長の河川名を付加、河川に河川名無し、流域界内に河川データ無し。その他に備考には空白がありますが、これは1流域に対して、河川名や河川コードのある1河川が対応している場合です

 

(参考ホームページ)
国土数値情報ダウンロードサービスhttp://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gmlold/index.html
財団法人地方自治情報センター地方公共団体コード住所https://www.lasdec.or.jp/cms/1,0,14.html