傾斜

データの内容

標高データより作成した都道府県別の傾斜データです。10m間隔で傾斜を保持する画像データとなっています。傾斜の単位は角度で、0~90度の範囲となっています。

都道府県境界から外側約5kmの範囲の四角形で切り出した画像に対して傾斜計算をしたのち、都道府県境界から外側約4kmのバッファーの範囲で切り出しを行っています。

 

ファイル名の例

zipファイル名:TokyoMainLandSlope.zip(東京都本土部分)、MiyakeSlope.zip(三宅島)

imgファイル名:TokyoMainLandSlope.img(東京都本土部分)、MiyakeSlope.img(三宅島)

ファイルフォーマット ERDAS IMAGINE形式(面積の大きいデータの場合、拡張子igeで示されるファイルがある場合があります)

座標系(投影法と測地基準) 平面直角座標系、世界測地系(JGD2000)

平面直角座標系の系番号は、原則として平成十四年国土交通省告示第九号に基づく適用区域(http://www.gsi.go.jp/LAW/heimencho.html)とします。ただし、北海道については画像データの範囲を総合振興局、振興局別としているため、必ずしもその通りではありません。この場合は、一番多くの面積が含まれる場所の系番号を設定しています。

 

(参考ホームページ)
国土地理院基盤地図情報ダウンロードサービスhttp://fgd.gsi.go.jp/download/